D i a r y

Diary

【 偲ぶ会 】

令和元年6月2日

アクエリアスダイバーズの拓ちゃんこと「白石 拓己さん」
彼が最も愛したフィリピン・セブの海で御逝去されました。

 

セブの海に魅了され、セブに移り住まれて7年
生物が大好きでダイビングが大好きで、常に新しいものを追求し発信して走り続けておられました。

 

誰よりも大きな笑い声で、いつも周りの人を笑わせて楽しい気持ちにさせてくれました「拓ちゃん」

 

アクエリアスダイバーズを立ち上げられた頃から、名だたるベテランダイバーの皆さんやガイドの皆さんが口を揃えておっしゃってました。

 

「白石さん、すごく良い人ですよ!」
「拓ちゃん!めちゃめちゃオモロいヤツやで!!」
「ダイビング界のエンターテイメント王や。」
「ブログめちゃめちゃ面白いし、ごっつ勉強なるで♪」
「写真の知識とテクニック、追求心はハンパないで!」
「拓ちゃんにはいっぺん会っとかなアカンでぇ!」

 

・・・と、彼を知る皆さんの表現は様々でしたが、彼への愛情をうかがわせる言葉しかありませんでした。

 

「拓ちゃん」を知る事となって7年。
勝手に憧れ敬愛して、お会いもしていないのにSNSで繋がって頂いて6年。
そして念願の出会いが昨年。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実際にお会いしまして・・・面白さ・スキル・優しさ・男気はもとより、人望や人としての徳ってこういうことなのかと痛感しました。

 

残念な想いや、悔しさ、悲しさ、儚さ、寂しさ、諸々の想いばかりが交錯する中で、短くも濃厚で楽しく明るい思い出が蘇ります。

 

そんな中、親族の方・ダイビング業界関係者の皆さん・有志の方々から11日にお知らせがありまして。

 

「葬儀におきましては親族のみで執り行わせて頂きたいと思います。
しかしながら、拓己さんとご縁のあった方々にお集り頂き、拓己さんの思い出を語り合いながら、故人が歩んだ足跡を振り返りたく「偲ぶ会」を大阪会場と東京会場にて執り行わせて頂くこととなりました。」

 

との事で本日6月19日(水)、Seul(e)の営業を少し早めに切り上げさせて頂き会に出席させて頂きます。

 

 

 

 

その前に・・・こちらのお写真はアクエリアスダイバーズのスタッフさん「衣ちゃん」

「拓ちゃん」とずっと一緒に過ごしておられます素敵な女性です♪

 

 

 

 

前もって連絡のやり取りをしておりまして、本日は大阪に着いてすぐにSeul(e)に来てくれました!

「気持ちを切り替えて、明るい気分になりたくて♪」という事で、毛先をそろえトリートメントをさせて頂き、仕上げはまとめさせて頂きました♫

元気でいらっしゃり、笑顔の「衣ちゃん」に会えて本当に良かった♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「拓ちゃん」の訃報から今にいたりますまで、正直に申しますと実感が無く・・・現実なんやと思い知らされ、その度に目が潤んでしまうのは変わり無く。

 

・・・あの日からの毎日、「拓ちゃん」の事、御家族皆様、スタッフの皆さん、仲良くされていたダイバー仲間の皆さんの事を考えては目を潤ませてしまう日々が続いてまして。

 

私ども以上に親しくされている仲間の皆様、身内の方々の胸を痛めておられる苦しさは計り知れず、いまだ胸が締め付けられる気持ちを抑えられずにおります。

 

この度の偲ぶ会にて皆々様にお会いする事となり、御家族や皆様への励ましになればとの想いで出席させて頂きましたが・・・御家族・御友人・仲間の皆様の言葉と気丈なお姿に言葉も無く、逆に励まされたような気持ちになり、私どもも前に進んで行けるような気がします。

 

自分自身においても生きていく限り、楽しい事や悲しい事・辛い事、これから迎えるたくさんの出来事を全部抱えて包んでしっかりと生きてまいります!
大阪市北区鶴野町のヘアサロン。梅田・茶屋町・中崎町近く、完全予約制の美容室「Seul(e)スール」のホームページです。美容師・スタイリスト:倉橋 豪(くらはし ごう)、堂丸 真代(どうまる まさよ)

2019年6月19日 | カテゴリー : Diary | 投稿者 : Go Kurahashi